人工妊娠中絶費用



中絶の費用は、妊娠15〜21週は、27〜30万円。前日にラミナリア桿というものを子宮口に入れて、ゆっくり開く処置をします。妊娠12〜14週は、16〜18万円。妊娠9週までは、10万円前後。

12〜21週は、妊娠中期中絶となります。12週以降21週未満の手術は、陣痛をつけて、お産をするのと同様な形で胎児を分娩します。前日にラミナリア桿で子宮の入り口を広げ、翌日にプレグランディンという、子宮を収縮させる座薬を、3時間毎に膣に入れます。子宮口が開くような前処置をします。

日帰りの人工妊娠中絶手術となります。手術は外来通院ででき、通常半日ほどで帰宅できるますが、病院によっては入院が必要なところがあります。手術は通常静脈麻酔で行うことが多くです。では11週頃までの手術の実際は、まず子宮の出入口を人工的に開いて、中の胎児や胎盤を吸い出します。

また流産をおこす薬は、日本では譲渡・発売は法律で禁止されています。妊娠10〜11週は、1泊2日で15万円。個人輸入して使い、結果として腹膜炎、不妊、妊娠の継続、子宮外妊娠であった、などの悲惨な例が増えています。

中絶の費用 相談・質問サイト TOP


中絶の為の血液検査



私は2つの病院で働いたことがあるのですが、血糖の検査はどちらの病院でもしませんでした。中絶の為の血液検査は病院によって項目が変わってきます。

もし、コントロールが上手にできているようでしたら正直に病院に相談してみてはいかがでしょうか・・・。その麻酔の種類によっては割りと長い時間覚醒しないこともあるので、そうなったときに病院側に糖尿病であることを伝えていなかったために問題が起きてしまう可能性が一番怖いです。

お気持ちはとてもよくわかるのですが、現在インスリンを使用していますか?I型の糖尿病だとインスリンを使用している可能性が高いと思いますので、やはり質問者さんがおっしゃっているように病院側に伝えるのが一番だと思います。術前の採血項目が違うように使用する麻酔の種類も病院によって変わってきます。

それに現在の血糖がどれくらい安定しているかによって1週間も入院しなくてすむ可能性も高いと思います。

中絶の費用 相談・質問サイト TOP


排卵誘発剤で望まない妊娠



もちろん、セカンドオピニオンは必要でしょうし、正確にはお腹を覗く、腹腔鏡が必要ですが、取りあえず、タバコをすわない人で、心筋梗塞や脳硬塞のかたが家族にいなければ、ピルを診断的に飲んでよくなれば子宮内膜症があやしいですね!。

これは妊娠中に胎盤から出ているホルモンでもあるので、ぴるを飲んでいることは偽の妊娠状態にして排卵を止めている訳ですね。

ピルはもちろんホルモン剤で、排卵後にでている女性ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンを一緒にした合剤です。

ただ、無月経が続くと妊娠の不安がでるのでホルモン作用の入ったピルは21日のんであとは飲まないか、中身にホルモンのない見た目はかわらない錠剤をのんで少なくて、痛みもない生理にしているのですよ!また、あなたの初めは月経困難症だったのでしょうが、今は子宮内膜症の疑いがあります。

中絶の費用 相談・質問サイト TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。